冷やす・温める

冷やすと温めるでは正反対の行為ですが、

どちらも血行の促進を目的にしています。

温めると血管が拡張し血行が促進されます。

冷やすと一時的に血管を収縮させ、

冷やすことをやめることで

一気に血管が拡がって血行が促進されます。

 

冷やす

 外傷時の急性期にRICE処置で用いられる冷却の

「アイシング」と、施術時の冷却やスポーツでの

コンディショニングのための「クーリング」に分けられ、

それぞれの目的に合った方法や手段で行われます。

外傷のRICE処置としてのアイシングは、

急性期外傷処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、

Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の処置であり、

どのようにして筋肉を低い温度で長時間保つかが重要になります。

一般には、

障害の発生から24時間は1~1.5時間毎に15~20分の

アイシングを繰り返し、

その後72時間までは1日3回程度のアイシングを

繰り返し行います。

アイシングの際は、

できる限り患部を心臓より高い位置に置くのがより効果的です。

アイシングは冷却により血流を低下させ、

損傷組織の代謝を減らすことで

二次的な組織の低酸素状態と浮腫の量を減らす効果があると

同時に神経の活動下げることで痛みを

緩和する効果もあるといわれています。

アイシングやクーリングは、

特殊なゲルの入った冷却用パックや氷のうなどを

使用して行うのが便利ですが、

冷却用パックは直接肌に使用すると

凍傷の危険性があるためタオルなどで包んでから使用します。

氷のうを使用する場合も凍傷防止にエラスティックバンテージを

巻いたり、タオルなどの上からの冷却が安心です。

コンディショニングとしての

クーリングは適正温度にまで筋温を下げることが目的であり、

筋温を下げすぎると筋感覚の低下などの問題も発生し

逆効果にもなるので、

RICE処置での冷却とは方法と手段も異なっています。

 

温める

 一般的に、

うずきや鈍痛、冷えなどの慢性的な症状の改善に使用されます。

冷たさに敏感になる年齢(中高年)の人や冷たさを嫌がる人の

血行促進には、冷却より温めることが多いです。

また温めることでの「気持ちがいいな!」と

感じる精神的な効果もあります。

 

 

 

 

 

Access

南柏駅東口より徒歩6分の場所にあり、公共交通機関を利用して通いやすい環境です

概要

店舗名 南柏カイロプラクティック
住所 千葉県 柏市 今谷上町 43-40-102
電話番号 04-7136-1334
営業時間 9:00~19:30
19時30分(祝日は18時)までに受付いただければ施術可能です。
定休日 日曜日
最寄り駅 南柏駅

アクセス

場所は南柏駅東口から徒歩6分。もしお車での来院でしたら、近くにコインパーキングがありますのでご利用ください。
また当院は朝9時から夜19時30分(祝日は18時)まで営業しており昼休憩を設けていないので、急な症状で帰りまで我慢が出来ないようでしたら、いつでもご連絡下さい。
またお仕事帰りの時間で、事前に予約頂ければ待たずにご案内いたします。もし気になることがございましたらご連絡下さい。
Contact

お問い合わせ